読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シゴン・イージフの成長日記

オリジナル音楽をつくる僕の成長を観察してみよう!

また少しだけ自分語りをしてみるイージフさん。

どうもシゴンイージフです。

 

実は最近バイトを始めてそのせいか、音楽をまったくつくらなくなってしまいました。

 

僕も世間的にはいい大人でバイト先でも多分店長より年上なのかもしれなくて、バイト先ではみんなからものすごい壁をつくられていますけど、まあそこは年の功ってやつです。

 

ホント年齢を重ねると張る見栄が無くなるんです。なんか泥水すすってでも生きてやるぜみたいな、若い方にはおぞましいほどの現世に対する執着みたいなものが勝手に身についているから不思議なもんです。

 

そんな哀れな生き方するくらいなら俺なら死んでるなぁって僕も学生の頃だったら言ってるかもしれないけど、今それがものすごい勢いで跳ね返ってきてて笑

 

すげぇダサくてなんかただ生きるだけで人生が終わる、何の生産性も価値も未来も救いようもない汚いだけの惨めなおっさんに今僕は完全になってて、でももしかしたら15年後には笑ってる君もなってるかもしれない。

 

 

大学を出て正社員になって上司に気に入られ同期より出世して彼女も出来て結婚間近で同棲もしてすべてが順調で……

 

随分古い幸せな人生のストーリーだと思うけど、でも一応僕もその通りに生きてきたんだけど、ある日それが凄いむなしくなってしまって昨年の夏だったかほとんど捨ててしまったんです。

 

失業保険ももらわず貯金を切り崩して家賃やら年金やら払ってとにかくこれからの人生でやりたいことを探す毎日。

 

僕が幸せだったのはギターを弾くことがやっぱり好きだとわかったことと彼女が残ってくれたこと。

 

僕は音楽と彼女、この2つが僕の人生で必要なもの大切なものだとやっと理解することができたんだ。

 

あとは税金も僕のそばにいるね。多分僕が死ななきゃ離れないという点では逆に生きるモチベーションに変えた方がよさげだ笑

 

というわけで僕の場合は30歳を過ぎてようやく成人を迎えた感覚です。今からこの荒み切った現代を清らかな僕が笑いながら生きていく、音楽をクリエイトしていくわけです。

 

なのにバイトをすると全く音楽から離れてしまうという、1つのことしかできないこの習性は修正しないといけませんな。

 

終わりに、最近ショックだったこと。僕の知り合いでガンガン出世して結婚もして超エリートのA君。多分助かるとは思うけどスキなんとか胃がんだそうです。

 

以下それを聞いて心の中で呟いた僕のポエム

 

人生ってどうなるかわからないな。今は笑っているけど、明日は泣いているかもしれない。

 

だから他人を笑うな。他人を妬むな。

 

ただ己の心の思うがままに、のんびりゆるりと楽しく行こう。

 

とにかく焦るな。長く生きればなんとかなる。

 

俺は徳川家康タイプ。だって手相がマスカケだから。

 

最後に笑うのはこの俺様なのだ!

 

……こんなことを心に思う僕に友達はいない。至極当然の帰結で無論僕に不服はない。

 

ただ幸せはいつまでも続かない。勝ち逃げは許されない。いつか終わりと敗北がくる。

 

それが生物の定めなのだ。だから他人を羨ましく思う必要はないんだ……

 

By シゴンイージフ

 

次回はまた僕の音楽についてのブログにします。すみません!!